THE SOFT TAILORING JACKET(ソフト テーラリング ジャケット)

品格と快適さの邂逅(かいこう)。

INTRODUCTION

 「UNTIED SHIRT(アンタイド シャツ)に似合うジャケットが欲しい」――そんなお客様の要望から、「SOFT TAILORING JACKET(ソフトテーラリング ジャケット)」は誕生しました。UNTIED SHIRTとはANGLAIS(アングレー)が生み出した新しいスタイルのシャツ。衿元の釦を外した時に、もっとも綺麗に見えるシルエットや高めに設定されたフロントネックなど、シャツ一枚だけの着こなしでもエレガントに見えるデザインが特徴です。今やANGLAISの代名詞となったこのシャツにもっともマッチするジャケットを追求した結果、辿り着いたのが「SOFT TAILORING」というコンセプトでした。

「UNTIED SHIRT(アンタイド シャツ)に似合うジャケットが欲しい」――そんなお客様の要望から、「SOFT TAILORING JACKET(ソフトテーラリング ジャケット)」は誕生しました。

ABOUT SOFT TAILORING

 その名の通りSOFT TAILORING JACKETの最大の魅力は「柔らかさ」に尽きます。肩のパッドや裏地は省略されているほか、芯地を工夫することで、軽くしなやかな着心地を実現しています。着用した姿も通常のジャケットに比べて柔らかい印象に映ります。それでいて肩や胸にはテーラードジャケットらしい立体感

がそなわっているため、大人のジャケットスタイルに欠かせない品のよさもキープされています。世界でもっともUNTIED SHIRTに似合うジャケットとは?――品格と快適さをあわせ持つSOFT TAILORING JACKETこそがベストアンサーです。

毛芯・芯地について

 SOFT TAILORING JACKETの着心地が柔らかい理由とは? それは肩のパッドや裏地が省略されているなど、さまざまな理由が挙げられますが、もっとも重要なポイントは「芯地」にあります。芯地とはおもにジャケットの衿や胸などに使われるもので、生地と生地との間に挟み、縫い留めることで、着心地や立体感を高め、型崩れをしにくくするための重要なパーツ。一般的なジャケットには、おもに接着芯と呼ばれる芯地が使われています。接着芯はアイロンで簡単に接着できるというメリットがある反面、着心地に若干の固さを感じたり、シワが生まれたりするデメリットがあります。そこでSOFT TAILORING JACKETでは、裾や袖、見返しといったパーツ部分に接着芯を使いつつも、着心地を大きく左右する主要な部分、

ストレッチ性を持つ芯地を使うことで、着心地のよさや立体感、型崩れのしにくさを実現

つまり胸や肩には、「毛芯」と呼ばれる上質な芯地が使用されているのです。コストが高くなり、縫製する手間もかかるものの、接着芯と毛芯を併用することで、軽く通気性に優れ、体にしなやかにフィットするジャケットに仕上がります。また、ニットを使ったジャケットには伸縮する素材の特性上、毛芯を用いることができませんが、ストレッチ性を持つ芯地を使うことで、着心地のよさや立体感、型崩れのしにくさを実現しています。一度着るとクセになる柔らかい着心地をはじめ、体のカーブにフィットする立体感、長く着続けても型崩れしにくいつくり… こだわりの芯地は、SOFT TAILORING JACKETにさまざまな恩恵をもたらしました。

ストレッチ性を持つ芯地を使うことで、着心地のよさや立体感、型崩れのしにくさを実現
着心地を大きく左右する主要な部分、つまり胸や肩には、「毛芯」と呼ばれる上質な芯地を使用

MATERIALS & SILHOUETTE

 UNTIED SHIRTにマッチする理由は柔らかい着心地のほかにも。たとえばシルエット。このジャケットには、インナーにUNTIED SHIRTを着用した際、もっともバランスよく見えるよう調整されたパターンが使用されています。素材使いもしかり。ファーストシーズンの今季は、ウールの布帛のほか、ウールニット、カシミアジャージといった多彩なバリエーションが揃います。ウールの布帛では、イタリアの最高級生地メーカー、Loro Piana社のファブリックが使用されたモデルが充実。豊かな光沢と風合いがこのジャケットの“SOFT”なイメージをいっそう強調しています。

温もりのある風合いもさることながら、圧縮加工や両面のダブルジャガード織りによって型崩れがしにくくなっているのもポイント

そしてニットの注目株は、イタリアの名門ニットメーカー、Maggia社の圧縮ニットや国産生地メーカーのジャガードニット。温もりのある風合いもさることながら、圧縮加工や両面のダブルジャガード織りによって型崩れがしにくくなっているのもポイント。また、同じ Maggia社が手がけたカシミア100%のジャージ素材は、肌に吸い付くようななめらかな風合いが魅力です。こうしたミリ単位で調整されたシルエットと極上の柔らかさを持つ素材使いによって、UNTIED SHIRTとの黄金のマリアージュが生み出されるのです。

温もりのある風合いもさることながら、圧縮加工や両面のダブルジャガード織りによって型崩れがしにくくなっているのもポイント